ポストカード・ハガキ印刷

【結婚・出産・転居のご報告ハガキ】

【暑中・残暑お見舞いのハガキ】

【年末の年賀状・喪中ハガキの印刷ももちろん】

【お客様がデザインしたポストカードデータも】

店頭にて様々なテンプレートの中から、目的にあわせてご注文頂けます

詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせ下さい 


《喪中ハガキ印刷》

喪中ハガキ印刷 早割りキャンペーンを開催中!

【喪中はがき印刷】

超早割 2018年10月28日受付分まで 通常価格の20%OFF

早割   2018年11月18日受付分まで 通常価格の10%OFF      11月19日以降 通常価格

 

早い目のご準備でお得に作れる!好評受付中!!

喪中はがきは、年賀状投函受付が開始される12月上旬をめどに相手方に届くように送るのが目安です

既製のあいさつ文も豊富にご用意していますが、「続柄」・「故人名」・「享年」・「差出月」・「没月日」などを入れれる半既製あいさつ文もご用意!

もちろんお客様が考えた文章を入れれる「自由あいさつ文」タイプもあります

納期:2時間~ 即日仕上げが可能です 

和歌山市・岩出市・紀の川市・泉南市・海南市の皆さま!

『喪中ハガキQ&A』

Q.喪中はがきで亡くなられた歳(享年)は、数えにするのでしょうか?満年齢にするのでしょうか?
A.喪中はがきの場合、一般的には満年齢ではなく、「数え年」の年齢で出します。 
  
Q.何親等までの不幸で喪中はがきを出すのでしょうか?
A.自分を中心とした0親等(配偶者)、1親等(親・子)、
および世帯を共にしている2親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)までが一般的です。

Q.妻の親がなくなって夫婦連名で喪中はがきを作るのですが、続柄は何と入れたらよいのですか?
A.ご夫婦連名の場合、ご主人から見た続柄で記すのが儀礼的 に正しい書き方です。
亡くなった人の名前を姓名共に記載しておけばどちらの親が亡くなられたのかが分かります。

Q.2名以上亡くなった場合はどうすればよいのですか?
A.喪中とする間柄の方が2名以上亡くなった場合でも、1通の喪中はがきに併記しても差し支えありません。
そういった場合は、ご逝去の日の早い方から先に書かれる方が多いようです。


写真を入れて贈るご挨拶

『写真入タイプ ポストカード』

ハガキと写真を貼り合わせて、厚みのある高級感のある仕上がりになります

お気に入りの写真データもしくはプリントをお持ちください

写真タイプ(写真がきれい)納期:約1週間

 

印刷タイプ(ハガキに直接印刷)納期:即日仕上げ1時間~

【選べるハガキ】

当店でハガキはご用意いたします                         通常官製ハガキか切手を後から貼る私製ハガキのどちらかから、お選び下さい

また暑中見舞い用の官製ハガキは「かもめーる」をご用意いたします

《はがきお持込の場合の注意点》

お持込頂けるハガキは、インクジェット紙以外の無地のハガキをお持込下さい

(一部例外がございますので、詳しくはお問い合わせください)


【写真印画紙仕上げポストカード】

ハガキと写真を貼り合わせて、厚みのある高級感のある仕上がりになります

お気に入りの写真データもしくはプリントをお持ちください

写真タイプ(写真がきれい)納期:約1週間

写真入ポストカード 料金体系

例)★2個のタイプやフジフィルムで50枚写真入年賀状を注文した場合・・・

  (官製ハガキを当店ご用意の場合)

  3,000円+[68円+62円]×50枚=9,500円(内 官製はがき代3,100円 税別)

写真入ポストカード 料金・納期


FUJIFILM  

通年ポストカード

結婚・誕生・転居・暑中見舞いなど大切な人に贈る写真入ポストカード!

シンプルでおしゃれなデザインが特徴です

LETTERSデザインはこちら



ジェットグラフ  

通年ポストカード

美しい写真品質で気持ちを伝えるアニバーサリーポストカード!

写真にあわせてあいさつ文や書体が選べます

結婚・誕生・転居等はもちろんビジネス(転勤・退職・転職のご報告)などに使えるお手軽印刷タイプもご用意



【印刷タイプ ポストカード】

直接ハガキに印刷するタイプのポストカード

納期:即日仕上げ1時間~

お持込ハガキは通常の官製ハガキのみの対応(インクジェット他等は非対応)

仕上がりは、四辺に白いフチ付きです。ボールペンや水生ペンで直接手書きも出来ます!

《結婚のご挨拶》あいさつ文を変更することが可能です

《誕生のご挨拶》あいさつ文を変更することが可能です

《転居・転任などのご挨拶》あいさつ文を変更することが可能です

《暑中・残暑見舞いのご挨拶》あいさつ文を変更することが可能です

《写真入暑中・残暑見舞いのご挨拶》